表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

月並みなことだが、一度いつもの場所を離れることで、逆にいつもの場所の良い面も悪い面も見えてくる。

 

芸人オードリーの若林さんのエッセイ「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」を読んだ。

 

 

 

 

この本は、若林さんが色々な国へ旅行した体験記で、特にキューバ旅行がメインで描かれている。日本は資本主義の国であるのに対し、社会主義が色濃く残っているキューバ。その中でどのように感じ、日本のことや身の回りのことと比較して考えを深めていく彼の思考を追体験できる。

 

体験やテーマごとに節が分かれており、文も平易なため非常に読みやすい。

ただし、いくつかの節は非常に心にささる。

 

資本主義と社会主義の比較

まず刺さったのは、社会主義と資本主義との比較である。

 

資本主義では、機会は平等に与えられるが、結果はお金に左右され不平等と彼は考える。

ものを買う機会はある程度平等に与えられていて、高価でも店に行けば買える。

ただし、お金がないと買えないので、結果、金持ちと貧乏の不平等が生じる。

 

一方で、社会主義では、結果の平等を目指しているが、機会は不平等であると彼は感じた。

社会主義の定義上、「みんな平等」を謳っている。例えば、金を持っていれば誰でもいい家に住めるわけではない。

しかし、そのような状況だからこそ、コネがあるものが強い。コネがあるものが良いものを手に入れられるという機械の不平等があるのだと。

 

わたしにはこの着眼点がなかったので、ハッとした。

単純に社会主義の欠点は「競争がないため人が怠けてしまう」だと思っていたのだが、金ではなくコネがものをいう社会になるのは想像できなかった。

 

彼は、「貧しい生活が、競争に敗れて金が無いからか、重要人に取り入ることができずコネがないからか、どちらの方が納得できるかと考えたら、資本主義の方がマシではないか」と感じたという。

資本主義の競争にうんざりすることは多くの人が感じるものだと思うが、このような比較をすると案外マシな社会構造なのかもしれない。

 

 

肉親はいなくなってから身近に感じる

 

もう一つささったのは、

キューバ旅行のきっかけとなった彼の父親の死について語る節である。

 

亡くなって遠くに行ったはずなのに、彼は旅の途中、ずっと父親と一緒にいるような気がしていた。

亡くなって遠くに行ってしまうのかと思っていたが、不思議なことにこの世界に親父が充満しているのだ。 現にぼくはこの旅の間ずっと親父と会話をしていた。

いや、親父が旅立ってからずっとだ。

彼がどのように旅立った父親を感じていたかは、はっきり明言されていない。

 

が、わたし自身父親を亡くして同じように感じていたのだと気付かされた。

「父親だったら、こういう場合にどう考えただろう」とか、「父親はあの時どう思っていたのか」「こういうのは父親が好きそうだったな」など、私自身、旅立ってから父親のことを考える機会が増えたと感じる。おそらく若林さんもそのように感じていたのではないだろうか。

 

読み終えて

旅行体験記のエッセイは久々に読んだが、非常によかった。

旅はただ楽しければ良いと思っていたが、このように体験から深く考える旅はしたことがない。

このように色々感じて明文化できる旅行が自分にもできるであろうか。

【ブルシット・ジョブ】待遇が高いのに価値がない仕事で疲弊する

 先日,書籍「ブルシット・ジョブ」を読んだ.

ページ数が多いため,少し高い.

論文youtuber笹谷さんの動画を拝見し,面白そうなので読んでみた.

 

内容としては

・ブルシットジョブの定義

・ブルシットジョブの種類

・その仕事に従事している人への影響

などが述べられている.

 

「ブルシット・ジョブ」というのは,

被雇用者本人でさえ、その存在を正当化しがたいほど、完璧に無意味で、不必要で、有害でもある有償の雇用の形態.

とはいえ、その雇用条件の一環として、本人は、そうではないと取り繕わなければならないように感じている 

 と定義されている.

ぱっと聞いたところ抽象的でわからなかったが,本書で述べられている具体例をみていくうちに,ブルシット・ジョブの輪郭が見えてくる.

 

本書では,ブルシットの主要な類型を以下の5つに分類している.

1. 取り巻き(flunkies):だれかを偉そうにみせたり、偉そうな気分を味わわせたりするためだけに存在している仕事
2. 脅し屋(goons):雇用主のために他人を脅したり欺いたりする要素をもち、そのことに意味が感じられない仕事
3. 尻ぬぐい(duct tapers):組織のなかの存在してはならない欠陥を取り繕うためだけに存在している仕事
4. 書類穴埋め人(box tickers):組織が実際にはやっていないことを、やっていると主張するために存在している仕事
5. タスクマスター(taskmasters):他人に仕事を割り当てるためだけに存在し、ブルシット・ジョブをつくりだす仕事

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/4000614134/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_3P9A3PDMCX5QXQ3PAAK6 

例えば,「取り巻き」の例としてドアマンやエレベーターガールなどが挙げられている.代わりにドアを開けたり,ボタンを押したりすることで,お客をいい気分にさせるために存在している仕事で,本人が「自分の仕事が無価値だ」と考えているのであればブルシットジョブの定義に当てはまる.

 

ブルシットジョブの定義上,被雇用者が無意味だと感じることが必須であり,主観的な判断が必要になる定義になっている.そのため,客観的に(だれがみても)ブルシットジョブであると判断できるものは,存在しない.価値があるかどうかの判断は本人の思想信条で異なる部分もあるため,全ての人が満場一致で「これは価値のない仕事だ」と断定できる仕事はほとんどなく,たいていはグレーゾーンである.

 しかし,被雇用者本人が「無価値だ」と感じながらも,無理矢理正当化しながら働くことは精神的に不健康になってしまう.そのことが問題であると著者は主張している.

 

私も,(アルバイトではあるが)ブルシットジョブにより精神的に不健康になっていたと思われる時期がある.

・システムが未発達であったため,数字を手動で右から左にコピーする(尻拭い)

・人員を増やすために,あまり親しい人にはおすすめできない仕事を紹介し,募集しなければならない状況にあった(脅し屋)

などなど,そのくせ金銭的には割が良い.

 

もちろん,その他価値のあると思える箇所もあったのだけれど,勤続年数が増えるにつれて,「これ,社会にとっても自分にとっても意味が薄いのでは?」とふと思い,辞めることにしました.

今思うと,あの仕事は「ブルシットジョブ」だったのでしょう.

 

 

本書は8000ページ超えで,全てを読むのは難しい.

自分がこのような文系の小論を読むのに慣れていないところもあって,読み進めるのが大変でした.

 

気になる箇所を飛ばして読んだだけですが,今後,「今の仕事,ブルシットジョブなんじゃね?」と思ったら,読み返してみたい一冊でした.

 

 

 

量子力学コーチは怪しい

一年くらい前から,量子力学コーチという肩書きの人をネット上で見かけた.量子力学という言葉を使って,スピリチュアルな話をする人のようだ.

 

試しに動画を見てみた

「こんなのに騙される人がいるのかよ」と思っていたが,受講生は5000人くらいいるようでびっくりした.

今回は「どのようにして彼は人を騙しているのか」を観察するため,(不快になりながらも)彼の動画を試しに見た.

彼の"アカデミー"の説明ページにある動画である(限定公開らしいのでURLは貼らない).

 

まず,話の導入として,誰でも理解できる話から入っている.

「科学というのは再現性のあるものだ.万有引力の法則で,木からりんごが下に落ちるのはどこでも同じ.」

量子力学は,目に見えないミクロの世界を扱うもの」

 

などなど.まあこれは科学コミュニケータが子供に説明するときでも違和感ない.

 

「健在意識とか潜在意識って目に見えないですよね?」

「こういった目に見えない世界を扱うのがまさに量子力学です」

 

ここで話が急カーブ.

先ほどは「目に見えない(ほど小さいけれど,確かにそこに実在している物理の)世界」を話していたのに,

今は「目に見えない(というか物理的に存在しない意識とか思考の)世界」

に話がすり替わっている.

 

さらに,話がうまいことに,聴衆に質問するのもテクニックなのではないか.

質問されることで,話が遮られ,視聴者の意識を一旦ずらす(まるで落語の時そば).

しかも自明なことを「ですよね」と念押しされることで,「確かにそうだ.この人の言っていることは正しい」という意識が働くのではないかと思う(私は話術のテクニックがないので想像だが).

 

そのあとは,定義されていない言葉「意識のエネルギーのベクトル」,「DNAのコードの数が64種類なので64回同じ質問をする」などが出てくる.

専門用語を並べ立てて科学的な雰囲気をつくっているが,考えるほどわからない.

同じ数字を使って,信憑性を(見かけのうえで)向上させている.

というかDNAの話をしているけど量子力学は?

 

おそらく見終わった後には,「なんか,納得感があった.科学的に正しいそうだ.人生を豊かにできるそうだ」というふわっとしたイメージができるように,動画が作られている.彼自身の話し方も工夫されていて,(見かけ上の)説得感も補強されているのであろう.

 

量子力学コーチの何が怪しいのか

上でも書いたように,

「目に見えない世界」として,「①非常に小さいスケールの話」と「②物理的に存在しないもの」を混同している.

科学でいう量子力学は①の物理的現象を記述する科学であるのに対し,

彼が話しているのは②についてであるので,量子力学は当てはまる保証はない(というか当てはまる方がおかしい).

量子力学は彼のいうように「物理(物の理)」なので,それを思考とかスピリチュアルに当てはめるのは非科学的である(アナロジーがひどい).

 

また,「シュレディンガーの猫(シュレーディンガーの猫 - Wikipedia)」の例でよく見られる誤解として,「見るまでは,猫が死んでるか生きているか確定しない.つまり人間の意識が結果に影響するんだ!」みたいな論理の大幅な飛躍をしている物も見られる.

こう言った「科学的根拠」に基づく物で,前半は科学的に正しいが,後半で論理的飛躍(や,無謀なアナロジー)がよく見られるので注意したい.(例: 「ネズミの実験ではAだった.だから人間も(まだ実験されてないけど)Aにちがいない.なのでこのA’を買いましょう!」)

エセ科学か判定するには,「論理の飛躍はないか」「無謀なアナロジーではないか」「科学的根拠は根拠たりうるか」を批判的に考える癖を育てる必要がある.

 

おそらく,科学という響きが大好きで,中二病を患っている中学生の頃であれば,自分も騙されていたかもしれない.

 

 

なぜ彼みたいな人が生まれるのか

一応物理系の大学院を出て,量子力学を真面目にやってきた自分からすると,なぜこのような人間が生まれるのか非常に疑問である.

科学を真面目にやって修士まで出たのであれば,間違えてこのような思考になるとは考えにくい.むしろ故意なのでは.

 

アドバイザーという仕事は大変尊敬できる仕事であるが,

批判したい点は,科学的根拠がないのに「科学的根拠」を取ってつけるやり方である.

顧客は科学的に正しい方法を知りたいのに対し,それを確かめる能力・術がないのをいいことに口からでまかせをいうことが許されて良いのか.

立派な詐欺行為なのではないか.

 

「科学的根拠」を謳う人間には,テレビに出るような有名な人も数多くいる.

そういったエセ科学を判定する力をつけられたのも,科学を正当な方法(教育・大学など)で学んできたからこそだと感じた.

 

今の日本では,量子力学コーチとしての人生と,量子力学を真面目に研究するポスドクとしての人生,どちらの方がお金を稼げて豊かな生活ができるのだろうか.

そういうことを考えると少し悲しくなる.

 

【<子供の心>と<大人の心>】「地平線を追いかけて満員電車を降りてみた 自分と向き合う物語」の感想.

 

 

本の概要

周囲の人間や社会によって,外的に与えられた幸せに対し,本当にその人の幸せ・成功とはなんなのかを,支配人と対話する形でそれぞれの登場人物が悩み,気づく物語集.

「お金を稼げば幸せなのか」

「人・社会に合わせないと成功できないのか」

「そもそもいつか死ぬのに(外的に与えられた)成功に意味はあるのか」

「本当にやりたいことを社会の目を気にして塞いでいないか」

などのテーマを扱っている.

 

感想

この本の筆者は紀里谷和明氏(紀里谷和明 - Wikipedia)である.

宇多田ヒカルの元夫で,GOEMONなどの映画監督でもある.

読み終えた後,検索して「ああ,あの人か」となった.

 

よくある自己啓発書と異なるのは,「幸せ」の具体的正解(お金,名声)を前提として置いていないところにある.

幸せを感じる瞬間・場面は個人によって異なるのだから,外的に与えられた「幸せ」の定義が自分に当てはまるかは自明ではない.

 

例えば,第一章の主人公は,お金を稼ぐことが幸せだと考えていたが,「稼いで何をしたいのか?,物をいっぱい買えれば幸せになるのか?」という問いに答えられなかった.

なぜお金を稼ぎたいと思うようになったかの原体験を掘り下げると,青年期にバカにされたことがきっかけだと気づく.その体験が心の奥底に根ざしており,バカにされないようにする方法として「お金を稼ぎたい」と感じるようになったとのこと.

しかし,バカにした本人はそのことをなんとも思っていない.バカにされることで,その人の本質的価値は変わらないということを気付かされ,「幸せ」の形が揺らぎ始める.

 

本当にそれで「幸せ」を感じられていたらいいのだが,現実と理想のギャップにこの主人公は苦しんでいた.そのような苦しい場合は「幸せ」とはなんなのかを考え直してみるといいかもしれない.

 

最後にちょっとした小ネタがあるので,noteの編集後記を読んでみるといいと思う.

(noteにはちょっと「本で言ってたことと矛盾してね?」と気になるところはあるが.)

 

 

Amazonレビューをみて

『「お金に執着するな」「肩書きにこだわるな」などの価値観は時代遅れで,本書に登場する人は極端』という意見をレビューで見たが,本書はそれを否定しているのではないと感じる.

お金や肩書きでなく,精神的な豊かさを求めるようになったといっても,その精神的豊かさという物自体が周囲のコミュニティで共有され,外的に与えられたものになっていないかを再確認する必要がある.

たとえば,明確にやりたいことが定まっていないのに,「成し遂げたいことがないのはよくないこと」「将来の夢がないのはよくないこと」と感じ,当たり障りのない夢をでっちあげてしまうこともあるであろう.それは本末転倒である.

これは本書でいうことろの<大人の心>(社会に適合するために作り上げた理性や壁)に覆われた状態と同じである.

 

そうではなくて,自分の原体験を見返し<子供の心>(心から幸福を感じられるものはなんなのか)を明らかにすることが,限られた人生で大事なのだと本書では伝えていると思う.

【カーテン自動化】めざましカーテンmornin plusで朝起きられるようになった.

買ってみた

朝起きるのが辛くなったため,色々策を講じることにした.

朝日を浴びることで,体内時計をリセットし,目覚めがよくなると聞いたので,

朝に勝手にカーテンが開いてくれればなーということでカーテン自動化ツールを買ってみた

 買ったのは「めざましカーテン mornin' plus」である.

 

他に,Switch botというのも売っていた

SwitchBot スイッチボット カーテン スマートホーム アレクサ - Google Home IFTTT イフト Siri LINE Clovaに対応 自動開閉 遠隔操作 取付簡単 ソーラーパネルで充電可能 U型/角型レールに対応 8Kgまで対応

 

ただ,

・手動でも開けられること

・取り付けが簡単であること(気に入らなければすぐ取れる)

の点からmornin plusを購入することにした.

 

使ってみた

動作について

問題なく動作.多少古いカーテンレールだったため動きが鈍るかと思ったが問題なくカーテンを動かしてくれる.

低速モードだと開ける行程だけで1分弱はかかる.まあ寝ている間に動かすので低速だろうが関係ない.

高速モードは音がひどいので試したことがない.

 

動作はスマホのアプリを用いて行える.機器との接続はbluetooth

・アプリ上で開閉指示.

・動作アラームの設定(何曜日の何時,平日の何時,など繰り返し設定ができる)

・モーター速度の設定

・動かす方向の設定

 など.

一度アラーム設定してしまえばスマホが近くになくても動作するらしい(が,どうやって現在時刻の把握をしているのだろう...ネットにも繋がれていないのに)

 

手動動かしについて

最初は抵抗感を感じたが,何度か慣らせば,何もつけていない時と同等の負荷で動かせた

音について

少しする.特にレール上を動かすための車輪を上下に出し引きする音が大きい.

ただし,最低速モードにすればそれほど気にならない.

それでも気になる場合は,車輪出しっぱモードにすればよい(その場合手動で開閉が難しいが)

 

レール上を機械が動く音はそれほど気にならない(もちろん低速モード).

 

目覚めがよくなったのか

以前よりもよく起きられるようになったと感じる.

特に日の光が入ってくることで自然と起きられる.

たまに布団を頭からかぶっている時があるが,その時は目覚めが悪い...

 

⇨であれば,光るアイマスクがあればいいんじゃないか...!と思ったが,すでに商品としてあるらしい.ゴツそうなのでためしてみる気にはならないが... 

 

【コミックエッセイ】モラハラ旦那の体験談

 「顔で選んだダンナはモラハラの塊でした」を読了.

コミックエッセイはサクッと読めるのがよい.

モラル・ハラスメント気質の強い男性と結婚して苦労した内容をエピソードごとに描いている.

こんなにひどい人間がいるのか,と思うほど,この男性を悪く描いている.

口撃以外にも金銭感覚とか価値観とかが筆者とあっていない. 

嘘かと思うくらい絵に描いたようなモラハラ男で,なかなか現実でお目にかかれないタイプの人ではないだろうか.

 

ただ,いくらモラハラだろうが,子供に当たっていたのは微妙だった.

幼い子供からしたらモラハラとか知ったこっちゃないし,ただ単に「強く当たってくる親」になってしまうので良い影響があるとは思えない.

 

現在は離婚しているとのことだが,離婚してからどのくらい経て執筆されたのか,気になる.絵や文の節々に怒りを感じる.

 

気になる点は,

・口撃された時に反論はしなかったのか.漫画だと反論せず心の中で思っているだけ.男からしたら急に態度が変わってしまったように見えたのではないか.話し合いをしていれば何か変わったのではないか.

・男は結婚する前に,「こういう人間だ」というのを事前通告している.それを真に受けずOKしてしまったのがいけなかったのではないだろうか.

・男の問題行動に対して筆者は何か解決のためのアクションを起こしたのか

であり,この点を思うと 男にだけ問題があるようには思えない.

 

価値観や生きてきたバックグラウンドが異なる両者が一緒に生活するのであるから,多少の衝突は当然生じると思うが,その際にどのように解決できるかが結婚生活をうまくし,幸せに生活できるかの鍵だと思う.それまでに費やした労力やコストを考えると,一旦結婚した以上,離婚は最終手段であるべきだと思った.

部屋の電気機器をIoT化してみた【賃貸】

雪狐です.

 

たまに,「今日帰ったら部屋が暖房であったまってないかなー」とか「朝目覚ましと共に照明がついて,目覚めよくできないかなー」とか思ってました.

要は家電のIoT化ができれば,これらの夢がかなうなーっと.

かといって,賃貸だからIoT化エアコン等を新しく買うのも,ためらわれる...

 

 

家電のリモート化「eRemote」

私はこのeRemoteをつかいました.

 


 

これがあれば,「赤外線リモコンを使うものならなんでもIoT化」できて,スマホから操作できます!わざわざIoT機能のある家電製品を買わなくてもOKだし,アプリで統一管理ができます.

 

スマホのアプリ「eHome」(無料)をもちいて,リモコンのボタンを学習させることで,スマホがリモコン代わりになります.

f:id:yukikitsune:20200413000931p:plain f:id:yukikitsune:20200413001143p:plain

アプリ「eHome」の操作画面.

 

使用例1:エアコン

・帰宅前に暖房ONまたは冷房ONすることで,帰宅時には快適な温度に.

・出かけた後,エアコンをOFFしたかどうか不安な場合に,念のため出先でOFFする.

 

使用例2:照明

・防犯対策として人がいるようにみせるため,夕方以降に照明ON.

 アラーム機能,カウントダウン機能(繰り返し設定あり)があるので,

 いちいち毎日設定しなくても大丈夫.

・朝の起床時にアラームと同時に照明を自動ON.聴覚だけでなく視覚も刺激して快適に起きれる...!

 

その他やってみたいこと

・カーテンの自動開閉

・電子工作との融合

 

 

追記

かれこれ1年ほどつかってますが,使い勝手が良いです.

痒いところに手が届くのがいいところ.

 

追記(2021/2/26) カーテン自動開閉もつけた

カーテンの自動開閉もつけました.

別のアプリでの管理ですが,こちらで説明しています.

yukikitsune.hatenablog.com